fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原

県道270号線日置市吹上町中原の宮内交差点から少し入った所に、神代の昔,瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がしばらく宮居された所であるとの伝説が残る「大汝牟遅神社」があります。

南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原
hiroの部屋 南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原

境内に願掛け御神木「南薩一の大楠」があります。

南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原
hiroの部屋 南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原

案内板には,「樹齢千年以上,平安朝時代、幹廻りは約14メートル,先ず心に願いごとを強く念じ,この御神木をやさしく三回撫でながら願いごとを唱えてください。また,自分の身体の悪い所も,その手で撫でてくだい。」と書かれています。

南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原
hiroの部屋 南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原


南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原
hiroの部屋 南薩一の大楠 願掛け御神木 日置市吹上町中原

すぐ近くに、「千本楠」があります。
20数株の大楠の森です。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2013/06/22(土) 14:53:41|
  2.  ┗ 鹿児島県の巨樹|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

千本楠 鹿児島県日置市吹上町

県道270号線日置市吹上町中原の宮内交差点から少し入った「大汝牟遅神社」を右に入った所に、「千本楠」があります。

千本楠 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 千本楠 鹿児島県日置市吹上町

20数株の大楠の森です。

千本楠 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 千本楠 鹿児島県日置市吹上町

その樹齢は800年以上と推定されています。

千本楠 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 千本楠 鹿児島県日置市吹上町

神話に大汝牟遅命下向のときに楠の杖をさしたところ、これが根づいて大木になったと伝えられています。

千本楠 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 千本楠 鹿児島県日置市吹上町

詩人野口雨情は、この楠の様子を見て「伊作八幡千本楠は横へ横へと寝てのびる」と詠んでいます。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2013/03/09(土) 13:36:53|
  2.  ┗ 鹿児島県の巨樹|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鹿児島の巨樹 鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ 薩摩川内市入来町浦之名

薩摩川内市指定文化財
鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ
 昭和49年7月1日指定
 管理者 市野々自治会
1.イチイガシ(ブナ科常緑樹)
  周囲 4.40m
2.ナギ(イヌマキ科常緑樹)
  周囲 2.30m

鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ 薩摩川内市入来町浦之名
hiroの部屋 鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ 薩摩川内市入来町浦之名

 イチイガシは「一位樫」とも表記され、関東以西の本州・九州などの温暖な地のほか、韓国・台湾等にも分布し、その材質から船の材料として使われます。
 ナギも本州南岸・四国・九州及び南西諸島・台湾などの温暖な地域に分布しています。
 鷹之巣神社のナギは鹿児島県内でも数少ない大木で、イチイガシとともに多くの神社の境内に植えられ、今もなお大切に守られています。

鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ 薩摩川内市入来町浦之名
hiroの部屋 鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ 薩摩川内市入来町浦之名

鷹之巣神社にまつわる伝説
 昔、市野々(いちのの)のこの鷹之巣神社のお宮の森に、どこからともなく鷹が舞い降りて巣を作りました。そこで育った三羽の鷹の子は成長し、牟礼山に飛んで行きました。

鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ 薩摩川内市入来町浦之名
hiroの部屋 鷹之巣神社のイチイガシ・ナギ 薩摩川内市入来町浦之名

 その頃この山では、毒蛇が多くの人々を悩ましていました。三羽の鷹の子は、付近の毒蛇をことごとく食い殺したので、人々は安心して暮らせるようになり、その鷹の子を清浦の鷹ノ子岳に鷹子神社を建て神として祀りました。
 ところが、二羽が串木野の羽島へ飛び去り、その地で祀られたため、鷹子神社には残った一羽が祀られています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2012/12/23(日) 12:17:05|
  2.  ┗ 鹿児島県の巨樹|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

鹿児島の巨樹 新田神社の大楠 鹿児島県薩摩川内市

鹿児島県薩摩川内市にある新田神社の大楠です。

薩摩川内市指定文化財
新田神社の大楠
昭和46年11月1日指定
 クスノキは西日本に多く見られますが、自然の山林にはあまり見られず、人里周辺や神社などに多く見られます。樟脳(いわゆるカンフル)の原料となり、古来より防虫や鎮痛などに利用されるほか、丸木舟の材料にも使用されてきました。
 このクスノキは、根回り13.3m、目通り(幹回り)9.9m、枝張りが東西17.2m、南北は15.5m、高さ約20m余りで、根元近くは空洞になっています。樹齢2000年ともいわれていますが、年輪成長平均率からすると約650~800年と推定されます。

新田神社の大楠 鹿児島県薩摩川内市
hiroの部屋 新田神社の大楠 鹿児島県薩摩川内市

 地上2mのところに大穴牟遅神(おおあなむちのかみ 大国主の若き頃の名)の木造が彫刻してあります。この木造は、島津家の家老で、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いにおいて、島津義弘の影武者となり討死にした阿多長寿院盛淳(あたちょうじゅいんもりあつ)が自ら彫り、奉納したものと伝えられています。

新田神社の大楠 鹿児島県薩摩川内市
hiroの部屋 新田神社の大楠 鹿児島県薩摩川内市

 与謝野鉄幹・晶子夫妻が新田神社に参拝に訪れた際、詠んだ歌が残っています。

  可愛の山の 樟の大樹の 幹半ば
   うつろとなれど 広き蔭かな  
               与謝野鉄幹
               平成21年12月 薩摩川内市教育委員会


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/07/03(日) 19:20:56|
  2.  ┗ 鹿児島県の巨樹|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

くすのき下のトトロ 薩摩川内市高来小学校

先週、先々週とお天気が悪く、どこにも出かける事が出来ませんでした。
今日は曇りですが、久々に出かけてみました。
とりあえず、北へ向かって走って見る事に。
上川内から341号線を走ります。

左手に何か見えました。
トトロ?
すぐにUターンです。

高来小学校です。
たしか楠の樹の下に見えた・・・

いました。トトロです。
くすのき下のトトロです。

くすのき下のトトロ 薩摩川内市高来小学校
hiroの部屋 くすのき下のトトロ 薩摩川内市高来小学校

目が取れていますが・・・

「くすのき下」のバス停の時刻表を見ると、平成16年にこのトトロが作られた様です。

くすのき下のトトロ 薩摩川内市高来小学校
hiroの部屋 くすのき下のトトロ 薩摩川内市高来小学校

トトロ トトロ トトロ トトロ♪

だれかが こっそり
小路に 木の実 うずめて
ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号
森へのパスポート
すてきな冒険 はじまる♪


良く出来ていますね。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/06/25(土) 21:00:04|
  2.  ┗ 鹿児島県の巨樹|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本一の巨樹「蒲生のクス」 鹿児島県姶良市

鹿児島県姶良市蒲生を車で走っていると、「日本一の巨樹 蒲生のクス」の案内板が。
日本一!?行ってみましょう。
蒲生八幡神社の鳥居をくぐり、左手奥に駐車場があります。

蒲生のクスです。
大きいです。
巨樹です。

国指定特別天然記念物「蒲生のクス」
hiroの部屋 日本一の巨樹「蒲生のクス」 鹿児島県姶良市

大正11年3月8日(国天然記念物指定)
昭和27年3月29日(国特別天然記念物指定)
推定樹齢1500年
樹高30m
根廻り33.57m
目通り幹回り24.22m

日本一の巨樹「蒲生のクス」 鹿児島県姶良市
hiroの部屋 日本一の巨樹「蒲生のクス」 鹿児島県姶良市

 「蒲生のクス」は、昭和63年度に環境庁の巨樹・巨木林調査によって、日本一の巨樹であることが証明された。
 樹幹の下部には凹凸が多く、内部には直径4.5m(約8畳敷)の空洞がある。枝張りは四方に広がり、その壮観な様は、まるで怪鳥が空から降り立ったようである。
 保安4年(1123年)閏2月21日に、蒲生院の領主であった蒲生上総介舜清(かもうかずさのすけしゅんせい)が、豊前国宇佐八幡宮を勧請して、この地に正八幡若宮(蒲生八幡神社)を建立した。その時すでに「蒲生のクス」は、神木として祀られていたという。
 伝説では、和気清麻呂(わけのひろまろ)が宇佐八幡の神託を奉上し大隅に流された時に蒲生を訪れて、手にした杖を大地に刺したところ、それが根づき大きく成長したものが「蒲生のクス」だとも言われている。また、出水地方に残る伝説では、悲しき恋物語によって「出水の大楠」と「蒲生のクス」は互いに相思の楠であるとも言われている。
 これまでの長い歳月や自然災害の影響で「蒲生のクス」の樹勢に衰退が見られたため蒲生町でが、この歴史的遺産を末永く保護し後世に伝え残していこうと、平成8年度から4ヶ年計画で国庫補助事業による「蒲生のクス」保護増殖事業を実施した。
                                                          姶良市教育委員会

日本一の巨樹「蒲生のクス」 鹿児島県姶良市
hiroの部屋 日本一の巨樹「蒲生のクス」 鹿児島県姶良市

空洞に入る扉が見えます。
今日は時間がないので、また来る事にします。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/03/31(木) 23:59:59|
  2.  ┗ 鹿児島県の巨樹|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |