fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町

宮崎県児湯郡新富町にある、「湯ノ宮座論梅」の梅の花は見頃になっているかな。
駐車場は満車状態です。
ちょうど見頃になっています。
座論梅梅まつり(5日・6日)はコロナウイルス感染拡大の影響を受け中止になっています。
ライトアップは行われるそうです。

宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町

みやざき新巨樹百選に選ばれています。

宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町


宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町


宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町


宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯ノ宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町


国指定天然記念物湯の宮座論梅
指定年月日 昭和10年12月24日
 この梅林は、その昔、神武天皇御東征の際この地においてお湯を召されご休憩の後、梅の枝を突き立てたままお発ちになりその後これが芽を吹き元木となり成長して今日に至ったものと伝えられている。
 座論梅という名の起こりは「ザロミ」という梅の種類から名付けられたとも、また、徳川時代に佐土原、高鍋両藩の間に梅林の所有争いが起こり、両藩士がこの地で出会い座して論議したので座論梅となったものと伝えられる。
 この座論梅は、元は1株であったものが横に伸び地について新しい株となり次々と繁殖して、現在80株になったものである。
平成9年2月
 新富町教育委員会
 新富町観光協会



湯ノ宮座論梅(石柱)(文化遺産オンライン)
湯の宮座論梅(道路沿いの看板)
湯之宮座論梅(駐車場にある案内板)
どれが正しいのでしょう、
石柱に「天然記念物 湯ノ宮座論梅」と書かれていたので「湯ノ宮座論梅」とします。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/02/06(日) 14:40:39|
  2.  ┣ 湯ノ宮座論梅の梅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町

宮崎県児湯郡新富町にある、「湯の宮座論梅」です。
駐車場、満車です。
大勢の方が来ています。

宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町


宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町


宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町
hiroの部屋 宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町

国指定天然記念物湯の宮座論梅
指定年月日 昭和10年12月24日
 この梅林は、その昔、神武天皇御東征の際この地においてお湯を召されご休憩の後、梅の枝を突き立てたままお発ちになりその後これが芽を吹き元木となり成長して今日に至ったものと伝えられている。
 座論梅という名の起こりは「ザロミ」という梅の種類から名付けられたとも、また、徳川時代に佐土原、高鍋両藩の間に梅林の所有争いが起こり、両藩士がこの地で出会い座して論議したので座論梅となったものと伝えられる。
 この座論梅は、元は1株であったものが横に伸び地について新しい株となり次々と繁殖して、現在80株になったものである。
平成9年2月
 新富町教育委員会
 新富町観光協会




プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/02/12(日) 13:49:46|
  2.  ┣ 湯ノ宮座論梅の梅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 湯の宮座論梅 宮崎県児湯郡新富町

湯の宮座論梅の梅の花、終わっていました。
それでも、見物に来ている人々がいます。
私を含めて・・・

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

もう、二週間早く来るべきでしたね。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

花の散っていない枝があったので・・・

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

これから、月知梅に行ってみましょう。

国指定天然記念物湯の宮座論梅
指定年月日 昭和10年12月24日
この梅林は、その昔、神武天皇御東征の際この地においてお湯を召されご休憩の後、梅の枝を突き立てたままお発ちになりその後これが芽を吹き元木となり成長して今日に至ったものと伝えられている。
座論梅という名の起こりは「ザロミ」という梅の種類から名付けられたとも、また、徳川時代に佐土原、高鍋両藩の間に梅林の所有争いが起こり、両藩士がこの地で出会い座して論議したので座論梅となったものと伝えられる。
この座論梅は、元は1株であったものが横に伸び地について新しい株となり次々と繁殖して、現在80株になったものである。
平成9年2月
 新富町教育委員会
 新富町観光協会



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

  1. 2009/02/15(日) 23:48:08|
  2.  ┣ 湯ノ宮座論梅の梅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |