fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神

都城市南横市町の加治屋大明神の隣に「加治屋(かじや)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神


宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神

「加治屋の田の神」の詳細
建立年: 安永年間(1772~1781年)
型分類: 農民型?
形態: 上半身のみ
像高: 45cm
像幅: 36cm
奥行: 27cm
持ち物: 下半身はセメントに埋まっています。持ち物等は不明です。シキ被り長袖和服です。
彩色: ピンク色の頬に唇は口紅をしています。
優しい目をしています。笑っているように見えます。

シキ:縄で編んだ敷物

宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神


宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神


宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神

安永の文字が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 加治屋(かじや)の田の神 都城市南横市町 加治屋大明神


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/30(水) 18:00:50|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神2 都城市横市町 竣工記念碑

横市土地改良区施設内に「横市町(よこいちちょう)の田の神2」が祀られています。
門が施錠されているため、フェンス越しの撮影になります。

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神2 都城市横市町 竣工記念碑
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神2 都城市横市町 竣工記念碑


宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神2 都城市横市町 竣工記念碑
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神2 都城市横市町 竣工記念碑

「横市町の田の神2」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 測定不可
像幅: 測定不可
奥行: 測定不可
持ち物: 大きなシキを被り、袖の大きな羽織裁着け袴(たっつけはかま)で右手にスリコギ左手にメシゲを持っています。
彩色: 彩色無し
横市土地改良区施設内にあるため近くで撮影出来ません。

シキ:縄で編んだ敷物
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神2 都城市横市町 竣工記念碑
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神2 都城市横市町 竣工記念碑


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/29(火) 18:00:49|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園

「横市町(よこいちちょう)の田の神1」は、トーチカの上に祀られています。
「都城市の文化財」の本には、「横市町桜並木通脇」と書かれています。

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園


宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園

トーチカと田の神
 トーチカは、コンクリートで堅固(けんご)に構築して、内に銃火器などを備えた防御陣地(ぼうぎょじんち)のことで、ほとんど半地下式になっている。
 このトーチカもその様式にならっており、太平洋戦争が激しくなってきた昭和18年(1943年)、本土防衛のために建設された。
 昭和19年(1944年)8月以降、陸軍航空隊が都城西飛行場を全面使用することになり、さらに同20年(1945年)4月からは特攻基地となったため、米軍機の空爆が激しくなったので、このトーチカからも機関砲で応戦していた。
 しかし、同20年8月15日終戦を迎えたため、防御施設としての役目を終えた。
 当時は、この他にも数箇所にわたり設置されていたが、50有余年の歳月とともに徐々に取り壊され、このトーチカが風雨に耐えて残った。
 終戦直後、誰かがこのトーチカの上に田の神を据えた。以来、今日に至るまで豊作祈念の神として鎮座し、眼下に広がる水田を見守ってきた。
 田の神は、旧薩摩藩領内に多くみられ、稲穂の成長を願って作られ、田の神信仰として藩独特の文化を形成した。
 今後、このトーチカが戦争を語り継ぐ史跡として保存され、永遠の平和への願いを新たにする資(もと)となることを祈念して説明板を設置する。
平成10年3月
都城市教育委員会

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園


宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園


宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園

「横市町の田の神1」の詳細
建立年: 天明2年(1782年)
型分類: 田の神舞神職型
形態: 立位
像高: 68cm
像幅: 38cm
奥行: 0cm
持ち物: 大きなシキを被り、袖の大きな羽織裁着け袴(たっつけはかま)で右手にメシゲ左手に椀を持っています。
彩色: 大きなトーチカの上。ベンガ色で彩色跡が残っています。
丸顔の素朴な顔で、袖の大きな羽織と裁着け袴姿です。

シキ:縄で編んだ敷物
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園

トーチカの中です。

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園

田の神さぁの目の前には、農地が広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 横市町(よこいちちょう)の田の神1 都城市横市町 母智丘公園


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/28(月) 18:00:48|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神8」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 不明
形態: 座位
像高: 64cm
像幅: 55cm
奥行: 22cm
持ち物: 不明
彩色: 彩色無し
頭部は後から付けた様です。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地


宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地


宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神8 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/27(日) 18:00:47|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神7 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神7 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神7 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神7」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 30cm
像幅: 17cm
奥行: 10cm
持ち物: シキ様の笠を被り、長袖和服で右手にメシゲ左手にお椀を持っています。
彩色: 彩色無し
顔面が一部破損しています。

シキ:縄で編んだ敷物
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神7 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神7 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/26(土) 18:00:46|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神6 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神6 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神6 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神6」の詳細
建立年: 天明2年(1782年)
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 60cm
像幅: 43cm
奥行: 25cm
持ち物: シキ様帽子被り、長袖和服・裁着て袴で、右手にメシゲ左手にスリコギを持っています。
彩色: 彩色無し
大きなシキを麦わら帽子のように被っています。

シキ:縄で編んだ敷物
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神6 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神6 都城市下川東町 川東墓地


宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神6 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神6 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/25(金) 18:00:45|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神5 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神5 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神5 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神5」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 不明
形態: 座位
像高: 85cm
像幅: 50cm
奥行: 40cm
持ち物: 不明。両手がある感じ。
彩色: 彩色無し
頭部は後から付けた様です。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神5 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神5 都城市下川東町 川東墓地


宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神5 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神5 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/24(木) 18:00:44|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神4 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神4 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神4 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神4」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 不明
形態: 立位
像高: 54cm
像幅: 25cm
奥行: 20cm
持ち物: 不明
彩色: 彩色無し
摩耗がひどく判別不能です。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神4 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神4 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/23(水) 18:00:43|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神3 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神3 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神3 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神3」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 31cm
像幅: 13cm
奥行: 12cm
持ち物: シキ様の笠を被り、長袖和服着流して右手メシゲ左手お椀を持っています。
彩色: 彩色無し
他の田の神様に比べて小さいですね。

シキ:縄で編んだ敷物
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神3 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神3 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/22(火) 18:00:42|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神2 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神2 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神2 都城市下川東町 川東墓地


宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神2 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神2 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神2」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 不明
形態: 立位
像高: 68cm
像幅: 33cm
奥行: 20cm
持ち物: シキ様の笠を被り、風化強く衣や持ち物は不明です。
彩色: 彩色無し
首はセメント付けされています。

シキ:縄で編んだ敷物

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神2 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神2 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/21(月) 18:00:41|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地

川東墓地には沢山の「田の神さぁ」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地

「川東墓地の田の神1」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 55cm
像幅: 60cm
奥行: 30cm
持ち物: 冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴が開いています。
彩色: 肩と袖の一部が朱色
目が可愛いですね。

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。

宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地


宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地


宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 川東墓地(かわひがしぼち)の田の神1 都城市下川東町 川東墓地


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/20(日) 18:00:40|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い

目の前に田んぼが広がる見晴らしの良い所に「志比田町(しびたちょう)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い

「志比田町の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 74cm
像幅: 39cm
奥行: 25cm
持ち物: 大きなシキを被り、両手を合わせています。
彩色: 彩色無し

シキ:縄で編んだ敷物

宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い

顔の摩耗がひどい状態です。

宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 志比田町(しびたちょう)の田の神 都城市志比田町 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/19(土) 18:00:39|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内

乙房神社境内に、「乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内

「乙房神社の田の神」の詳細
建立年: 文政9年(1826年)
型分類: 農民型、都城型
形態: 立位
像高: 53cm
像幅: 33cm
奥行: 0cm
持ち物: シキを被り、袖の大きな和服と長袴で右手にメシゲ左手に椀を持っています。
彩色: 赤い彩色跡が残っています。

シキ:縄で編んだ敷物
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内


宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内

にっこり笑った顔が良いですね。

宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 乙房神社(おとぼうじんじゃ)の田の神 都城市乙房町馬場 乙房神社境内

青山幹雄著の「宮崎の田の神像」(1979年6月29日発行)には、「乙房小前」と書かれています。
以前は、「乙房小前」にあったと思われます。「都城の代表的作品」と書かれています。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/18(金) 18:00:38|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い

郡元を流れる用水路沿いに,、「郡元町(こおりもとちょう)の田の神3」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い

「郡元町の田の神3」の詳細
建立年: 平成8年9月吉日
型分類: 農民型
形態: 座位
像高: 59cm
像幅: 33cm
奥行: 26cm
持ち物: シキを被り、袖の大きな和服で右手にメシゲ左手に稲穂を持っています。
彩色: 彩色無し

シキ:縄で編んだ敷物
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神3 都城市郡元町 水路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/17(木) 18:00:37|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い

郡元を流れる用水路沿いに、「郡元町(こおりもとちょう)の田の神2」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い

「郡元町の田の神2」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 43cm
像幅: 23cm
奥行: 15cm
持ち物: 右手が欠けています。
彩色: 全体が赤茶色です。

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い

頭部は後付けでしょうか。

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神2 都城市郡元町 水路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/16(水) 18:00:36|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い

郡元を流れる用水路沿いに、「郡元町(こおりもとちょう)の田の神1」が祀られています。

水路沿いと言うか、水路の上ですね。

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い

「郡元町の田の神1」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 30cm
像幅: 36cm
奥行: 28cm
持ち物: 雑草が顔を覆っていてよく分かりません。シキは綺麗です。
彩色: 彩色無し

シキ:縄で編んだ敷物

宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い


宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 郡元町(こおりもとちょう)の田の神1 都城市郡元町 水路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/15(火) 18:00:35|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館

上金田営農研修館敷地内に、「上金田(かみかなだ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館

「上金田の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 92cm
像幅: 65cm
奥行: 40cm
持ち物: 大きな田の神です。衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴が開いています。
彩色: 赤茶色が残っています。

宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館

以前は、目の前に田んぼが広がっていたんでしょうね。

宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上金田(かみかなだ)の田の神 都城市金田町上金田 上金田営農研修館


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/14(月) 18:00:34|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市

今日はお天気あまりよくありませんが、例年でしたら今の時期えびの高原のミヤマキリシマが見頃なので出かけてみました。
途中雨に降られましたが、えびの高原に着いた時には、雨はやんでいました。
駐車場に車を停めつつじが丘へ。
ミヤマキリシマ見頃は過ぎていました。

宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市
hiroの部屋 宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市


宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市
hiroの部屋 宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市


宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市
hiroの部屋 宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市

可愛そうに思ったのか、モデルが登場してくれました。

宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市
hiroの部屋 宮崎の花 つつじケ丘のミヤマキリシマ 宮崎県えびの市


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/13(日) 19:14:23|
  2.  ┣ ミヤマキリシマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館

中金田営農研修館敷地内に、「中金田(なかかなだ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館

「中金田の田の神」の詳細
建立年: 「安永十辛丑」(1781)の刻銘
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 46cm
像幅: 48cm
奥行: 23cm
持ち物: 衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴が開いています。
彩色: 彩色無し

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。

宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中金田(なかかなだ)の田の神 都城市金田町中金田 中金田営農研修館


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/13(日) 18:00:33|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 都城島津邸の田の神 都城市早鈴町

都城島津邸 厩(うまや)農芸館内に「田の神さぁ」がいらっしゃいました。

宮崎県の田の神さぁ 都城島津邸の田の神 都城市早鈴町
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 都城島津邸の田の神 都城市早鈴町

タノカンサァ(田の神様)
田の神像は、旧鹿児島藩領に限って見られるもので、豊作を祈願するために祀られた石像。神像型や田の神舞型等がある。この像は、田の神舞型で右手にシャモジ、左手に椀を持つ。素朴なつくりの中にも農民の切実な願いが感じられる。

宮崎県の田の神さぁ 都城島津邸の田の神 都城市早鈴町
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 都城島津邸の田の神 都城市早鈴町


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/12(土) 18:02:00|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

都城島津邸(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

先週の日曜日「都城島津邸」に行って来ました。
田の神様の情報収集に都城歴史資料館に行ったのですが。5月31日(月曜日)から7月2日(金曜日)まで展示品入れ替えのため臨時休館になっていました。
都城市内の他の資料館は・・・都城島津邸があります。
都城島津邸で情報収集することにします。

駐車場広いですね。
一般用:45台、障がい者用:3台、大型用:5台
観覧料:本宅/小学生以上110円 都城島津伝承館/一般220円

冠木門(かぶきもん)から入ります。

都城島津邸 冠木門(かぶきもん) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 冠木門(かぶきもん) 都城市早鈴町

冠木門の先に石風呂があります。

都城島津邸 石風呂 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 石風呂 都城市早鈴町

これは大きな石をくり抜いて作られた風呂です。
石風呂の下の穴の部分に「つぶろ(鉄の釜)を横に倒した状態で差込み「つぶろ」の中で火を焚き、石風呂の中の水を温めて入りました。
石風呂と「つぶろ」の隙間から水が漏れないように布などを詰め込みました。石風呂は湯が沸くまで時間がかかりましたが、保温性が良く、体の芯までよく温まる風呂でした。

石風呂の隣には、手水鉢(ちょうずばち)があります。

都城島津邸 手水鉢(ちょうずばち) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 手水鉢(ちょうずばち) 都城市早鈴町

これは大きな石をくり抜いて作られた手水鉢です。手水鉢とは、手を洗ったり口をすすぐための水を入れておく器のことです。
 一般の家ではトイレの前に置かれていることが多く、木や陶器、石で作られ、それほど大きなものではありません。
 これらは大型で、神社・仏閣等に置かれているものと似ています。もともと手水鉢は、神社・仏閣を参拝するにあたり、手や口など、身を清めるために置かれたものでした。

厩(うまや)農芸館です。
昭和27年の建築です。馬小屋として利用されていました。

都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町

一階には、センバコキ、脱穀機・・・田の神様もいらっしゃいます。

都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町

二階には、糸車、消火用の水鉄砲、ザル、クサビ等が展示してあります。

都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町


都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 厩(うまや)農芸館 都城市早鈴町


ここから、国登録有形文化財になります。

剣道場(国登録有形文化財)です。

都城島津邸 剣道場(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 剣道場(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
木造平屋建、瓦葺、建築面積56㎡

都城島津邸 剣道場(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 剣道場(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

慶応3年(1867年)築と伝えられ、明治12年に島津邸内に移築されたといわれています。
床が低く、釘を上から打たない方法で造られているそうです。

都城島津邸 剣道場(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 剣道場(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

桁行8.0m梁間7.0m規模で、切妻造(きりづまづくり)桟瓦葺(さんがわらぶき)の木造平屋建です。屋根南面を葺き降ろして出入口前面を覆っています。外壁簓子(ささらこ)下見板張の簡素な建物ですが、旧藩主の近代における修養と教育思想の一面を物語る遺構として貴重です。

切妻造(きりづまづくり):屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根です。
桟瓦葺(さんがわらぶき):本瓦葺きの弱点である重量対策として、平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用した屋根の葺き方です。
簓子(ささらこ)下見板張:下見板と言われる平板を重ね張りし、その断面に合わせて切込を入れた簓子(ささらこ)という木材で固定します。

石蔵(国登録有形文化財)です。

都城島津邸 石蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 石蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
石造平屋建、瓦葺、建築面積83㎡

昭和5年(1930年)築の米蔵で、後は農機具を収納していたそうです。

都城島津邸 石蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 石蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

桁行11m梁間7.5mで、切妻造(きりづまづくり)桟瓦葺(さんがわらぶき)の石造平屋建です。南面に下屋(げや)を付けています。鉄筋コンクリート造の基礎と臥梁(がりょう)の間に切石を12段に積んで外周壁を構築し、石表面の加工が微妙な陰影を現出させています。

切妻造(きりづまづくり):屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根です。
桟瓦葺(さんがわらぶき):本瓦葺きの弱点である重量対策として、平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用した屋根の葺き方です。
下屋(げや):母屋(おもや)にさしかけて造った小屋根です。
臥梁(がりょう):各階の壁体頂部を連続的にかためる鉄筋コンクリート製の梁 (はり)

御門(ごもん)(国登録有形文化財)です。

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
木造、瓦葺、間口3.4m、両袖塀付

昭和10年(1935年)の陸軍大演習時に新築されたそうです。
都城島津家の家紋入り軒瓦を使用しています。

都城島津邸 御門(ごもん)(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 御門(ごもん)(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

切妻造(きりづまづくり)桟瓦葺(さんがわらぶき)です。間口3.4m、1間1戸の腕木門(うでぎもん)で、28cm角の本柱の背後に控柱(ひかえばしら)を建て、2本の貫(ぬき)と斜材(しゃざい)とで固定しています。左右に袖塀(そでべい)を従え、西袖塀に潜戸(くぐりど)を開けています。全体に木太く簡明なつくりが特徴的です。

切妻造(きりづまづくり):屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根です。
桟瓦葺(さんがわらぶき):本瓦葺きの弱点である重量対策として、平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用した屋根の葺き方です。
控柱(ひかえばしら):壁・塀や柱などが傾いたり倒れたりするのを防ぐために、添えて立てる支柱です。
貫(ぬき):木造建築で柱等の垂直材間に通す水平材です。
斜材(しゃざい):鉛直面内で斜めに配置される構造部材です。
袖塀(そでべい):門の両側にある低い塀です。
潜戸(くぐりど):門の扉などに設けた、くぐって出入りする小さい戸口です。

都城島津伝承館です。

都城島津伝承館は、都城島津家史料を中心とした、都城島津家および島津本家関連の史料の収蔵展示施設です。

都城島津伝承館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津伝承館 都城市早鈴町


都城島津伝承館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津伝承館 都城市早鈴町

観覧料110円+220円の支払いです。
都城島津の家紋は、○と十がくっついていません。

都城島津伝承館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津伝承館 都城市早鈴町

とても分かりやすいパンフレットです。

都城島津伝承館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津伝承館 都城市早鈴町


都城島津伝承館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津伝承館 都城市早鈴町

今日の目的は、この「都城市の文化財」の本の購入です。
田の神も掲載されています。
しかし、知りたかった情報は書かれていませんでした。
残念

都城島津伝承館 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津伝承館 都城市早鈴町

外蔵(国登録有形文化財)です。

都城島津邸 外蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 外蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積48㎡

都城島津邸 外蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 外蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

桁行8.0m梁間5.4mで、比較的規模の大きな切妻造(きりづまづくり)桟瓦葺(さんがわらぶき)の2階建土蔵です。東面に下屋(げや)を差し掛け、南方を物置、北方を吹放ちの蔵前としています。基礎に切石を4段に積んだ重厚なつくりに特徴があります。

切妻造(きりづまづくり):屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根です。
桟瓦葺(さんがわらぶき):本瓦葺きの弱点である重量対策として、平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用した屋根の葺き方です。
下屋(げや):母屋(おもや)にさしかけて造った小屋根です。

主屋(国登録有形文化財)です。

都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

都城島津邸は、一時鹿児島に移っていた都城島津家26代当主の島津久寛(ひさひろ)の時に建てられました。昭和10年(1935年)の陸軍大演習が都城で行われた際に、閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんのう)の宿泊に備えて、大きく改築をしました。また、昭和27〜28年に2階建て部分を増築しています。

昭和48年(1973年)の全国植樹祭に宮崎県小林市を訪れた昭和天皇皇后両陛下の宿泊に備え、昭和47年に改築が行われ、現在の形になりました。
両陛下が宿泊された部屋や浴室、休憩室やご使用になった道具類が保存されています。

昭和天皇皇后両陛下が食事をされた部屋です。

都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町


都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町


都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
木造平屋建、瓦葺、建築面積315㎡

都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

西面する南北棟、段違入母屋造の玄関棟から東へ入母屋造(いりもやづくり)の座敷棟を延ばしています。玄関から続く3室続きの座敷と、廊下を介してL形3室続きの座敷を並べるのが特徴的です。設計施工は大林組で、担当は松本儀八です。

入母屋造(いりもやづくり):屋根の上部が切妻造りの形式で、その下部が寄棟造になった形式の屋根のことです。

都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 主屋(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

離れ(国登録有形文化財)です。

都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
木造2階建、瓦葺、建築面積108㎡

両陛下が宿泊された寝室です。

都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

当主の母堂の住居として主屋の東に接続して建設されました。南北棟の入母屋造(いりもやづくり)桟瓦葺(さんがわらぶき)、木造2階建で、1階は南面する入側(いりがわ)縁に沿って6畳とトコ付4畳半の続き座敷を並べ、2階には書斎と寝室を配しています。外壁の主体部は簓子(ささらこ)下見板張、窓は跳高欄(はねこうらん)の手摺付肘掛窓になっています。

入母屋造(いりもやづくり):屋根の上部が切妻造りの形式で、その下部が寄棟造になった形式の屋根のことです。
桟瓦葺(さんがわらぶき):本瓦葺きの弱点である重量対策として、平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用した屋根の葺き方です。
入側(いりがわ):濡れ縁と座敷の間にある1間 (けん) 幅の通路のことです。
簓子(ささらこ)下見板張:下見板と言われる平板を重ね張りし、その断面に合わせて切込を入れた簓子(ささらこ)という木材で固定します。
跳高欄(はねこうらん):四隅が跳ね上がった. 形の手すりです。

都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

非常階段の螺旋階段も増設されました。

都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 離れ(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

内蔵(国登録有形文化財)です。

都城島津邸 内蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 内蔵(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積35㎡

桁行6.0m梁間4.0m規模で、切妻造(きりづまづくり)桟瓦葺(さんがわらぶき)の2階建土蔵です。南面中央を戸口として両開鉄製扉を吊り、1階北面及び2階両妻面に鉄扉付窓を開け、庇(ひさし)を付けています。蔵前から西面にかけて廊下をまわし、主屋と連絡しています。

切妻造(きりづまづくり):屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根です。
桟瓦葺(さんがわらぶき):本瓦葺きの弱点である重量対策として、平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用した屋根の葺き方です。

(やしろ)(国登録有形文化財)です。

都城島津邸 社(やしろ)(国登録有形文化財) 都城市早鈴町
hiroの部屋 都城島津邸 社(やしろ)(国登録有形文化財) 都城市早鈴町

登録有形文化財(建造物)
登録年月日:2008年4月18日
木造平屋建、銅板葺、建築面積7.5㎡

桁行2.7m梁間2.7m規模で、東西棟、切妻造(きりづまづくり)銅板葺、平入(ひらいり)の社殿です。正・側面に切目縁(きりめえん)をまわして正面に5段の木階を設けています。棟は扠首(さす)で支持し、棟に千木(ちぎ)を突き出し、勝男木(かつおぎ)を載せて神明造風に見せています。

切妻造(きりづまづくり):屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根です。
平入(ひらいり):屋根の流れ方向(平方向)に入口のある建物のことです。妻側に入口のある建物を「妻入り」と言います。
切目縁(きりめえん):縁板を敷居と直角方向に張った縁です。
扠首(さす):切妻屋根の両端に、それぞれ棟木 (むなぎ) を受けるために合掌形に組む材のことです。
千木(ちぎ):神社の建物の屋根に付いてるV字型の出っ張りのことです。
勝男木(かつおぎ):神社の棟の上に横に並べた木のことです。


都城島津邸
〒885-0055 宮崎県都城市早鈴町18-5
電話:0986-23-2116 ファクス:0986-36-4019
開館時間:9時00から17時00分(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(月曜祝日の場合はその翌日)


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/12(土) 18:01:00|
  2.  ┣ 宮崎県の施設|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館

下金田営農研修館敷地内に、「下金田(しもかなだ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館

「下金田の田の神」の詳細
建立年: (かなだちょう)
型分類: 農民型
形態: 椅像
像高: 56cm
像幅: 34cm
奥行: 29cm
持ち物: シキを被り、長袖上衣(うえのきぬ)に裁着け袴(たっつけはかま)姿で左手に大きなメシゲを持っています。
彩色: 赤茶色が薄く残っています。

シキ:縄で編んだ敷物
上衣(うえのきぬ):束帯・布袴(ほうこ)・衣冠のときに用いる上着
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着

宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館

左手に大きなメシゲを持っています。

宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下金田(しもかなだ)の田の神 都城市金田町下金田 下金田営農研修館


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/12(土) 18:00:32|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い

「森田(もりた)の田の神」はポツンと離れています。円柱の上に祀られています。

円柱の台にセメント付けされています。

宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い

「森田の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 田の神舞神職型
形態: 椅像
像高: 59cm
像幅: 46cm
奥行: 38cm
持ち物: シキを被り、長袖上衣(うえのきぬ)に裁着け袴(たっつけはかま)姿で右手にメシゲ左手にスリコギを持っています。
彩色: 衣は一部赤茶色

上衣(うえのきぬ):束帯・布袴(ほうこ)・衣冠のときに用いる上着
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い

両膝を折り曲げて大きなスリコギを持っています。

宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 森田(もりた)の田の神 都城市野々見谷町森田 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/11(金) 18:00:31|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター

「広瀬(ひろせ)の田の神」は、広瀬構造改善センター敷地内に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター


宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター

「広瀬の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 103cm
像幅: 63cm
奥行: 31cm
持ち物: 大きな田の神です。衣冠束帯で両手を合わせています。
彩色: 赤茶色が残っています。

宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター


宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター

顔の摩耗がひどい状態です。

宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 広瀬(ひろせ)の田の神 都城市金田町広瀬 広瀬構造改善センター


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/10(木) 18:00:30|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内

羽山神社境内に「 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神」が祀られています。
拝殿の右奥にいらっしゃいます。

宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内


宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内

「羽山神社の田の神」の詳細
建立年: 背面に「明治26年1月4日」の刻銘
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 58cm
像幅: 36cm
奥行: 23cm
持ち物: 大きなシキを被り、両手で大きなメシゲ持っています。
彩色: 彩色無し

シキ:縄で編んだ敷物
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内


宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内


宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内


宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 羽山神社(はやまじんじゃ)の田の神 都城市太郎坊町南原 羽山神社境内


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/09(水) 18:00:29|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

農道と住宅の間に「太郎坊(たろぼう)の田の神6」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

「太郎坊の田の神6」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 48cm
像幅: 36cm
奥行: 22cm
持ち物: 衣冠束帯で両手を合わせています。
彩色: 赤茶色が残っています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神6 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/08(火) 18:00:08|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

「太郎坊(たろぼう)の田の神3・4」から左折し400m程先に「太郎坊(たろぼう)の田の神5」が祀られています。

最初、草で田の神が見えなくて、通り過ぎてしまいました。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

「太郎坊の田の神5」の詳細
建立年: 寛政七卯(1795年)
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 65cm
像幅: 60cm
奥行: 27cm
持ち物: シキを被り、長袖和服で右手にメシゲ左手にお椀を持っています。
彩色: 赤茶色が薄く残っています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神5 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/07(月) 18:00:07|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

「太郎坊(たろぼう)の田の神3・4」は道路沿いに並んで祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

「太郎坊の田の神4」の詳細
建立年: 天保5年(1834年)の刻銘
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 69cm
像幅: 53cm
奥行: 24cm
持ち物: 衣冠束帯で両手を合わせています。
彩色: 彩色無し
首はセメント付けされています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い

hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神4 都城市太郎坊町太郎坊 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/06(日) 18:00:06|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

C-HRタイヤ交換 YOKOHAMA ヨコハマ BluEarth RV-02 225/50R18 95V タイヤ購入

前回取り付けた「BRIDGESTONE ブリヂストン POTENZA S007A 225/50R18 95W」が乗り心地が悪くなってきたのでタイヤを交換することに。
4万kmもつかなと思っていましたが3万kmで交換です。

POTENZAは、価格が高かったのと、タイヤのヘリが早かったので、今回はもう少し安いタイヤを探すことにしました。
ネットで色々調べて、「YOKOHAMA BluEarth RV-02」を購入しました。
価格は4本で、安い所で60,000~65,000円ですね。

YOKOHAMA ヨコハマ BluEarth RV-02 225/50R18 95V

YOKOHAMA ヨコハマ BluEarth RV-02
製品特長
低燃費タイヤグレード「A/a」
低燃費で、雨により強い。(ブルーアースRV-02専用ナノブレンドゴム)
偏摩耗しにくい。長持ちする。(ブルーアースRV-02専用プロファイル&構造)
音が静かで、ふらつきにくい。(ブルーアースRV-02専用「非対称」パターン)

C-HRタイヤ交換 YOKOHAMA ヨコハマ BluEarth RV-02 225/50R18 95V
hiroの部屋 C-HRタイヤ交換 YOKOHAMA ヨコハマ BluEarth RV-02 225/50R18 95V

タイヤ持ち込みで取付料金13,200円でした。

225/50R18 95V
最高速度とはタイヤが規定の条件下で走行することが許される最高の速度です。
速度記号 最高速度
  L   120km/h
  Q   160km/h
  R   170km/h
  S   180km/h
  T   190km/h
  H   210km/h
  V   240km/h
  W   270km/h
  Y   300km/h


↓リンク
★hiroの部屋★
■ 車弄くり (60)
 ┣ カーナビ取付 (4)
   1 Yupiteru drive navi Yuru Teru
   2 ECLIPSE AVN5502D
   3 YUPITERU YERA YPB706si
   4 ECLIPSE AVN5502D DVR-2009AQ
 ┣ ETC・VIX取付 (4)
   1 ETCを安く購入
   2 トヨタ純正ETC配線
   3 イクリプス・ビーコンVIX104
   4 トヨタ純正ETC取付
 ┣ ワンセグ取付 (6)
   1 SD-PDT1⑤
   2 SD-PDT1④水平偏波・垂直偏波
   3 SD-PDT1③
   4 SD-PDT1②
   5 SD-PDT1①
 ┣ 探知機 (11)
   1 九州自動車道下り宮原SA先
   2 九州自動車道上り「植木IC~菊水IC」
   3 Yupiteru a350alpha BRACKET ASSY
   4 Yupiteru a350alpha購入
   5 宮崎自動車道田野66.7KP
   6 Yupiteru GWR301sd購入
   7 九州自動車道下り広川SA先
   8 Yupiteru GWR93sd購入
   9 Yupiteru GWR63sd購入
   10 MARUHAMA GPS-725EL
   11 MARUHAMA GPS-725EL
 ┣ ドライブレコーダー (2)
   1 Driveman GP-1
   2 Driveman 1080s
 ┣ タイヤ交換 (9)
   1 YOKOHAMA BluEarth-RV RV03
   2 YOKOHAMA BluEarth RV-02
   3 BRIDGESTONE POTENZA S007A
   4 BRIDGESTONE REGNO GRVⅡ
   5 BRIDGESTONE REGNO GR-XT
   6 タイヤチェーン
   7 TOYO TIRES tranpath Lu
   8 BRIDGESTONE REGNO GR-8000
   9 BRIDGESTONE REGNO GR-8000
 ┣ バッテリー交換 (3)
   1 Panasonic N-Q105/A4 CAOS Blue Battery
   2 GS YUASA VSY-D26L
   3 バッテリー交換
 ┣ C-HR整備 (9)
   1 LeicesterCNL LST 200W Power Inverter
   2 OBD車速度感知ドアロックユニット
   3 槌屋ヤック電源BOX SY-C5
   4 Fizz バイザーポケット
   5 槌屋ヤックシートサイドポケット
   6 槌屋ヤックサイドBOXゴミ箱
   7 槌屋ヤックエアコンドリンクホルダー
   8 Metallic Style
   9 TOYOTA C-HR G LED Ediyio
 ┣ サウンド・シャキット取付 (1)
   1 サウンドコントローラー取付
   2 CS1000-PA504-G
 ┗ MPV整備 (11)
   1 エンジン停止!②
   2 エンジン停止!①
   3 オイル添加剤
   4 ブレーキディスクパット交換
   5 ピラートリムの外し方
   6 オイル交換
   7 ホーンボタンのばねカット
   8 コンソールボックス購入
   9 ロアアームバー取付
   10 クラクションのばねカット
   11 アーシング・ホットイナズマ取付

★hiroの部屋2★
■車


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/05(土) 20:46:46|
  2.  ┣ タイヤ交換|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

道の駅 「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方

串間市を走る国道220号線沿いに、2021年4月24日に「道の駅くしま」がプレオープンしました。

「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方
hiroの部屋 「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方

情報提供施設です。
4時間利用可能なトイレ、授乳室、休憩スペースが整備されています。
子供用の小さな小便器があります。

「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方
hiroの部屋 「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方

寿司虎が移転して来ました。

「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方
hiroの部屋 「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方

中程:物販コーナー ウミヤママルシェ
手前:飲食コーナー ウミヤマショクドウ

「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方
hiroの部屋 「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方

ウミヤマショクドウのメニューです。

「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方
hiroの部屋 「まちなか」のオアシス 道の駅くしま 串間市西方

市民交流施設 2022年OPEN予定
イベント広場 2022年OPEN予定


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/06/05(土) 19:56:15|
  2. ■ 道の駅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ